どうしても20万円が必要な場合

何としても今日中に20万円が必要!でも周りの誰にも頼めない・・・そんなお金で困っているならカードローンの利用を検討してみましょう。即日融資が可能な消費者金融のカードローン。借りる条件や必要なことなどをまとめました。

カードローンで20万円借りる条件

カードローンに申し込む為には20歳以上、安定した収入がある人となり、さらに20万円を借りる為の条件としてはフルタイムで働いていて月に15万円から20万円程稼いでいる人と言えます。

 

雇用形態については社員、OL、公務員なら年収に関わらず20万円程のキャッシングなら他でお金を借りている、過去に出金やクレジットカードを利用して支払いに遅延があるという場合を除き大抵の場合が可能と言えます。

 

あとパート、派遣、アルバイトであっても1日8時間、週5のフルタイムでの勤務なら20万円借りることは出来るでしょう。

 

また50万円以下の借入は収入証明などの書類の提出が不要な所が多いので借りやすいと言えます。ただし絶対ではなく続年数、勤務先の信用度により総合的な条件で判断が行われます。

年収の3分の1以上なら銀行カードローン

消費者金融会社のカードローンの場合は法律により収入の3分の1までのお金しか借りることは出来ません。

 

だからパートやアルバイトで、年収が60万円以下の場合は消費者金融のカードローンで20万円を借りることは不可能です。

 

それに対して銀行カードローンは年収が60万円以下であっても20万円の融資を申し込むことが出来ます。

 

その理由は銀行カードローンは消費者金融と異なり、貸金業法第13条の2第2項の規定「年収の3分の1まで」という規定の範囲外だからです。

 

ただ銀行のカードローンを利用する場合は審査に時間がかかるので即日融資は無理なのでその点を理解しておいて下さい。

闇金や詐欺には気を付けたい

消費者金融、銀行のカードローンでお金を借りることが出来なかったという人がつい利用してしまうのが闇金や詐欺と言うことが出来ます。

 

中小消費者金融で融資を断られた際に別の会社を紹介された時には、低金利や即日融資を謳っていても闇金や詐欺であるケースが少なくないので注意して下さい。

 

また最近はソフト闇金なんて言葉もありますが、ソフト闇金はヤミ金と何ら変わりはありません。ソフトという言葉が付いているのでヤミ金と比較して金利が低いとか騙されてしまう人が多いのですが、全然そんなことはありません。

 

名前だけで逆に闇金より金利が高い所も存在します。

 

何故ならヤミ金の金利はあってない様なモノで、トイチと呼ばれる10日で1割なんて金利の所もあります。完全に法律の適用外の会社で、一度お金を借りてしまうと延々利息を返済し続けて元金減らないなんて事になってしまうので絶対に利用しないようにしましょう。

おすすめ消費者金融